贈り物でもらった胡蝶蘭をきれいに咲かせるには?

胡蝶蘭と贈り物

胡蝶蘭と他の花の違いは?

Posted on 2015年2月20日 in 未分類 by

胡蝶蘭と他の花の違いはいくつかります。
私が胡蝶蘭意外に好きなのはカーネーションです。
母の日はもちろんカーネーションはいろんなお祝いで送られます。
ただ胡蝶蘭よりも安いので気軽に贈ることができるのがメリットではないでしょうか?胡蝶蘭はどちらかというと会社から会社
みんなからのお祝いとして用いられる場合が多いようです。
例えば退職祝いや開店祝い、最近では選挙の当選祝いや陣中見舞いなどでも胡蝶蘭は贈り物として選ばれてるようです。
この間も私の知り合いが地区選挙に当選した際にお祝いで胡蝶蘭をいただいていましたね、
上司の方の敬いなどもあるのかもしれません。
胡蝶蘭の花言葉ってご存知でしょうか?

じつは「幸せを呼ぶ」「幸せがやってくる」なんです。
とても縁起の良い場面に使われるのはそのためなんですね。
花言葉っていろいろあるんですが胡蝶蘭がストレートにお祝いに向いてるのはこの花言葉のせいもあるでしょう。
お祝いごとなどで胡蝶蘭を贈る際はあらかじめ早めに予約しましょうね。
場所によっては一日で届けてくれる花屋さんもありますが、そうでない場合もあります。
また、最近では化粧蘭などといって胡蝶蘭の花にラッピングだけでなく化粧つまり花にラメなどをいれることもやってくれるんです。
もちろん有料のサービスですがここぞというときにすごくきれいになるのでいいかもしれませんね。

ギフト用胡蝶蘭を贈り物に

Posted on 2015年2月20日 in 未分類 by

 

ギフト用の胡蝶蘭を贈り物で上げると非常に相手に喜んでもらえます。
まず胡蝶蘭の特徴はその花が目立ち、清純さがただよう雰囲気になること、
ほんとにどんなに素朴な部屋でも胡蝶蘭があるだけでインテリアとしてその存在感が異なってくるのです。
私も一度知り合いが胡蝶蘭を部屋に飾っていたのをみたことありますがホントにキレイでした。
胡蝶蘭はいろいろな色がありますが一番きれいなのはやはりベーシックな色である白色です。
白の胡蝶蘭は清純さがありほんとに美しい雰囲気を漂わせます。
また花のニオイも花粉も少ないのでアレルギーの人にあげても問題ありません。
注意したいのがやや湿度があるので、そこに虫、小さいハエなどがたまに発生することがありますがこれはある程度処理できるそうです。

胡蝶蘭は白色が人気ですが別に花の色は特に気にしなくていいと思います。
また長寿のお祝いなどの際はそのお祝いの色の花を選ぶといいと思います。
例えば米寿などの場合は紫がおめでたいお祝いの色です。ですのでその際は紫の胡蝶蘭を選び贈り物として贈ってあげましょう。
もちろん還暦は赤ですね。
胡蝶蘭の場合赤というかベージュのような色がありますのでそれでもいいと思います。
あとはリップと呼ばれる、花の中央が赤い胡蝶蘭もあります。
これも花びらは白色なので紅白の花として贈り物には最適なのです。
私の経験上リップの胡蝶蘭は女性の方にも喜ばれますね。
いろんな方法でその都度のお祝いなどに合わせて贈り物を選びましょう。

胡蝶蘭のギフト

蘭の種類の中でもひときわ輝く胡蝶蘭

Posted on 2015年2月20日 in 未分類 by

実は蘭の花ってたくさん種類があります。
シンジビュームといったちょっと小さな蘭から胡蝶蘭に代表される大きな蘭。
さらに胡蝶蘭の中にもミディ胡蝶蘭と呼ばれる鉢植えタイプから大輪のベーシックな胡蝶蘭までいろいろあるんですよね。
私も以前胡蝶蘭をいただいた際にいろいろ調べてみたんです。
ほんとに種類が多くて小さい蘭のタイプも確かにキレイでかわいらしいのですが、やはり胡蝶蘭って大きさや存在感が違いますね。
最初胡蝶蘭って花が咲いていない時に茎が気持ち悪いって思っていたんです。
もともと高原の花なのでああいy水を溜め込むような根や茎になっているのでしかたないんですけどね。
まあ葉っぱなんかゴムでできてるのってくらい硬くて分厚い。
むしろ花がなかったら胡蝶蘭の存在感なんて全然ないんですけどね。
でもホテルとかでも一番メインのロビーなんかに飾られたりするので高級品なんでしょうね。
薔薇やほかの花よりもはるかに存在感がある花で私は大好きです、
胡蝶蘭がないときはむしろさみしく感じてしまうくらいですからね。
私も一度だけ会社が取引先から開店祝いでもらった胡蝶蘭が花が落ちてしまい、みんなが捨てるというので
可哀想だからもらってきたことがあります。
当時はわくわくしてたんですが、結局すぐに枯れてしまいました。
胡蝶蘭は難しいのですね。育てるのがほんとに・・・。
胡蝶蘭をその時育てていてわかったのですが、胡蝶蘭に水をあげすぎてはいけないということです。
胡蝶蘭って湿地帯とかで育つイメージだったんですが、水は一週間に一度程度でいいみたいです。
しらなくてもったいないことをしました。
また当時はラッピングもはずしてなかったのでそれもあるみたいです。
観葉植物としても胡蝶蘭はいいのですが育てるのが難しい花であると実感しました。

胡蝶蘭をもらった時の感動

Posted on 2015年2月20日 in 未分類 by

胡蝶蘭は蘭の中でも一際大きく美しい花の種類です。
胡蝶蘭には様々な色があり、パープルやイエローそして代表的なホワイトなどがあります。
その他にもリップと呼ばれる白と赤の胡蝶蘭もあります。
胡蝶蘭は主に贈り物として使われますが、贈られた後も部屋で育てる楽しみもあるのです。
私も何度か胡蝶蘭のギフトをいただいたことがありますが、ホントにきれいな花ですよ。
でも高いのがネック。

自分では贈るのにちょっと抵抗があります。
というのも安いミディ胡蝶蘭などでも価格は10000円前後、大輪と呼ばれるタイプの胡蝶蘭になると軽く数万円はかかります。
贈り物としては最高級とも呼ばれるのですが、それだけ贈られる側も喜んでくれる贈り物なんでしょうね。
私も何度かもらいましたがその際にいつも枯れてしまうので最近では知り合いに上げています。
結婚式なんかでも胡蝶蘭は贈られたり、最近は長寿のお祝いなんかで使われるみたいです。
私もいつか還暦とかに自分の子供や孫から胡蝶蘭でお祝いとかしてもらいたいなとか思います。
やっぱり女性は花をもらうとうれしいものですからね。

胡蝶蘭も豪華なものを自分があげるのは大変ですが(笑)
お祝いなどで周囲からはもらいたいなと思うときはよくあります。
お祝いとしてもらうとこの上ない贈り物ですね。
ちなみにギフト用と一般の胡蝶蘭の違いはギフト用の胡蝶蘭はラッピングやメッセージカードまたは化粧蘭と呼ばれる化粧も施してくれるなど
本来の観賞用の胡蝶蘭とはちがい、値段は高めですがギフトに特化したサービスなんかがあるようです。
もし大切な人などに胡蝶蘭を贈る場合はこれらのサービスを利用してみるといいですね。
やや値段は高くなるんですがおすすめですよ。

贈り物 胡蝶蘭